Realestate-invest 不動産投資について
 

 

 

 

トップページ

不動産投資を始める理由

不動産投資の魅力

不動産投資の種類

不動産投資の流れ

お問い合わせフォーム

 

 

不動産投資の魅力

 

低金利の現在、預貯金での利回りを期待するのは難しくなっています。例えば銀行に 100万円を預けていても年間で数円にしかなりません。しかし投資には興味が無い、リスクが大きそうで怖い・・・などと手を拱いている方も多いと思います。広島 賃貸でなるべくリスクをなくして始めてみたいですね。

 

ミドルリターン・ミドルリスク

投資方法の代表格である株式投資。「株で儲かった」という話しも良く耳にします。確かに株式投資は短期間での値動きが激しく、ハイリターンを期待できます。しかし、逆に短期間に価格が数分の1に減少してしまうなどのハイリスクを伴うことも忘れてはいけません。
昨今のさまざまな投資方法の中で、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われ、注目を集めています。また不動産投資と呼ばれるものにもいくつかの種類があります。マンション、アパートやビルを不動産投資目的で購入し、賃貸することで家賃収入を得る実物不動産投資、またリートと呼ばれる不動産投資信託にも注目が集まっています。

一概には言えないのですが、実物不動産投資は5%からの利回り、リートは4%の利回りと言われています。定期預金などと利回りを比べてみると高利回りの商品であると言えるでしょう。リターンは高い方ではないが、長期的で安定していますし、株式に比べて急激な目減り等は考えにくく、リスクが高くないためゆったりした気持ちで投資できます。こういった意味から「ミドルリターン・ミドルリスク」と言われるのだと思います。

 

不動産投資のリスク

それでは、不動産投資のリスクとはどんなものでしょうか?どんな投資にもリスクは付き物です。いわゆる「ミドルリスク」とはどんなことが考えられるのかを把握していきましょう!

不動産投資のリスクと言われるものは、いったい何なのでしょう!?ひとつに「流動性」が上げられます。リートの場合、証券となりますので即日手放すことができます。しかし、実物不動産投資は簡単には手放せない、ということになります。

 

金利の上昇とインフレ

2つめは「金利の上昇とインフレ」。現在は超低金利時代と言われているほど、金利がとても低い時代です。今後、経済が復調してきた場合には徐々にではありますが金利は上がっていくことになると思われます。つまり利回りが下がってしまう、ということになる訳です。ただし、金利が上がり資産インフレがおきると事態は違ってきます。不動産で資産を持っていた方が得するという結果になることもあります。

 

日本人の人口減少と不動産投資の関係

最後に日本の人口が減少傾向にあるということです。不動産投資は長期的なスパンが必要ですから、投資する物件の需要が見込まれる地域、かつ需要のある物件を選択するという事が重要になります。一時は都市回避といわれ地方都市への不動産投資が注目を集めましたが、最近では都市回帰現象がみられるようになり、都心部を中心にした不動産投資(物件)へ注目が集まってきています。

 

pickup

スーツ通販販売

東京造形大学と専門学校桑沢デザイン研究所を運営する学校法人

Last update:2017/7/21