Realestate-invest 不動産投資について
 

 

 

 

トップページ

不動産投資を始める理由

不動産投資の魅力

不動産投資の種類

不動産投資の流れ

お問い合わせフォーム

 

 

不動産投資をはじめる理由

なぜ皆さんは不動産投資をするのでしょう!?ここでは広島 賃貸などで不動産投資をはじめる「理由」をまとめてみました。

 

資産形成・家賃収入

昨今の超低金利水準もあり、金融商品での資産形成は非常に難しい時代となりました。また金融商品の場合、利回りの高いものには高いリスクが(いわゆるハイリスクハイリターン)伴ってしまいます。その点、不動産投資は立地を厳選するなどリスク回避することにより、安定的な資産形成を行なうことが可能なのです。また、ローンを組んだ場合でも、その返済の大半は家賃収入で充当できたりします。その上、税金の還付を受けられるので他の投資に比べても、効率的に資産運用・資産形成ができるのではないかと思います。

 

長期的な安定収入・私的年金を確保

不動産投資は金融商品と違って比較的リスクが低く、長期的に安定した収入をもたらす資産運用法と言われています。長期に渡って安定した収入を得られると言うことは、公的年金制度の将来に不安が強い今の時代、誰もが望む「ゆとりある老後」を迎えるための条件でもあるでしょう。
また将来、日本経済がインフレに見舞われた場合に現金・預金などの金融資産は目減りし、価値が下がる可能性もあります。不動産投資の場合、インフレ時代においても家賃は大幅に落下することは考えにくいということもあり、その時代の価値に合わせた収入を得ることができるでしょう。

 

将来の年金制度への不安

5年ごとに行われている年金制度の見直しにより、将来の年金給付額は削減されることが予測されます。公的年金、企業年金、退職金、生命保険など、私たちの老後を保障するはずのものが予測不能となり、将来への不安は募るばかりです。将来はインフレで資産が目減りしているかも知れませんし、世代を問わず将来への不安を感じる人の割合が急増しています。一方で将来に不安がないと感じている人は、十分な資産を持っている方か、ご自身で将来に向けての対策をしっかりと計画している場合がほとんどなのです。

 

年金や保険の思わぬ落とし穴

「年金も払ってるし、保険にも加入しているから老後は安心」という方もご自分が加入している年金・保険の種類をきちんと確認してみて下さい。年金や保険には様々な種類があります。月額掛け金の違いだけでなく給付開始時期や終了時期、死亡時の遺族への給付金の有無、死亡後の給付金の継続有無など、こんな時代ですからきちんと把握しておく必要があります。生命保険の営業マンに頼まれたから、という安易な理由で加入し、内容をよく理解しないまま掛け金を払い続けている方が少なくありません。

 

老後への不安

将来的な年金給付額は確実に約束されていません。現在も年金の給付のみでの生活は難しいといわれています。金融商品による投資を行なうにしてもハイリスクは避けたいと考えます。そのような方々は不動産投資による長期安定型を選択しているようです。

注目サイト

Renting Guide
http://www.stainless-steel-china.com/

2017/1/23 更新